成田山のスピリチュアルカウンセリング

八正道

スピリチュアルカウンセリング   サイトマップ

八正道

八正道

 これまで述べた仏教「四諦」を復習しましょう。

 仏教「苦諦」とは、この世の一切の現象は苦しみであるという真理でした。
そしてその苦しみの起こる原因は、私たち自身の無明(愚かさ)にあるという真理が仏教「集諦」。この苦の原因である無明を取り去ることが出来れば、苦から離れた静かで安らかな境地涅槃に到ることが出来るという真理が仏教「滅諦」です。
最後の仏教「道諦」は、苦を滅して、安らぎに到る方法ですが、その内容を展開したのが八項目の徳行、すなわち仏教「八正道」なのです。
八正道 第一は仏教「正見」といいます。四諦の道理を正しく見ることです。
とかく私たちは物事に私見を加えてネジ曲げてしまいがちです。そういうものの見方を止めて、真直に世の現象を見ていく事が必要なのです。この「正見」を土台として順に徳目を積み上げて行きます。

 八正道 第二は仏教「正思惟」といい正しい考え方をすることです。
四諦の道理について正しく思惟する事は、自分が今置かれている状況を、四諦の教えにあてはめてみることと云えるでしょう。そうすると自分がどんな行いをすべきか、それが見えてくるはずです。

 仏教では人間の行いは大きく三種類あると考えます。
その三種とは、八正道で身体の行い・口の行い・心の行いの三つで、これを「身口意の三業」ともいいますが、先の「正思惟」は心の行い(意業)を正しくすると言い替える事も出来るでしょう。

 八正道の第三は仏教「正語」といいます。
正しい言葉使いをするという事で、これは三業のうち口業を正しくする事ですから単に言葉使いだけでなく、悪口を言わない・嘘をつかないというような意味も含んでいます。

 仏教 八正道 第四は「正業」といい正しい行動をすることです。
特に三業で云えば身業、身の行いをただしくする事になるのです。

 このようにして、私たちの身口意の三業を清浄なものに変えていくと、自然に生活が正しいものになっていきます。
この状態が第五の仏教 八正道「正命」といいます。つまり正しい生活です。

 さて、ここまで仏教八正道 正見・正思惟・正語・正業・正命と述べて参りましたが、一つ注意していただきたいのは、決して怠けてはいけないということです。やはりコツコツと努力を積み重ねてこそ成果があらわれるというものです。

 そこで八正道の第六が出てきます。
仏教 八正道「正精進」といい正しい努力をするということです。
努力といっても、ただガムシャラに頑張ればよいというものではなく、今現在、自分がやらなければならないことを、しっかりと見据えて努める。それが大切なのです。

 以上のような生活を続けていくと、次第に考え方も、行動も正道にかなうようになってきます。頭ではなく、心と身体が正道を憶え始めたからです。
この階段が第七の仏教 八正道「正念」といいます。ただしい記憶、または正しい気づかい、ということになるでしょうか。無理しなくても自分自身を常に正しい状態にし続ける慣性のような力が蓄えられてくる。
仏教 八正道「正念」が身に付いてくるとまわりの様子が変わって来ます。いや、むしろあなた自身が変わる、と言った方が良いでしょう。何故ならこの教えを実践することによって、自然に他者から尊敬されるような風格が形成されていくからです。

 第八は仏教 八正道「正定」といい、精神統一のことです。禅定・瞑想のことですが、つまり心を常に平静に保てるように習慣づけます。そうすると前の八正道 七つの正道をより深く実践できるようになります。その結果、あなたは次第に苦から離れていく自分を見つけていくことになるでしょう。

 先ずは八正道「正見」から入っていただいてはいかがでしょうか。正しく八正道を実践することによって「必ずツキのある人生」を「幸せに生きる」ことができるようになります。
この人間としての仏教は釈迦が自らがブッダになり証明された方法なのです。

スピリチュアルカウンセリングに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :info@naritasan.co.jp

  

このページ八正道のTOPに戻る