成田山のスピリチュアルカウンセリング

仏の教え

スピリチュアルカウンセリング   サイトマップ

仏の教え

仏様に学ぶ 仏の教え

 お寺や仏教に対してどのようなイメージをお持ちになっているのかなと思うことがあります。葬式場だとか、或いはテレビから何々の祟りだとか何々の霊だというものを追い払う所でないかとイメージされているのではないでしょうか。
「仏教」という字を「仏」と「教え」に分けて考えていただければ一目瞭然です。「仏教」というのは、「仏さまの教え」なのです。ところが仏さまというと例えば、刑事ドラマでどこそこの河原にホトケ(仏)さんが上がったとか、またはホトケ(仏)に対して申しわけないとか、世間では亡くなった方のことを指しているわけです。
仏教でいう仏というのは、「悟った人」のことで、これはインドの言葉では「ブッダ」と言います。これを中国語に翻訳する時に適当な漢字がなくて似たような発音の字を当てて「仏陀」になりました。

 そのブッダー仏というのは紀元前五世紀ごろインドに実在した人物。当時ヒマラヤ山の南、現在ネパール領になってますが、そこにシャカ族という小数部族の都があり その王様には一人の王子がいて、この王子が一念発起しまして地位も財産もなげすて、二十九歳の時に一人で出家されました。
それから6年間の修業をされるのですが、苦行といいまして断食とかを色々修業したのですが、なかなか悟れませんでした。これでは駄目だということで山を下り、三・七、二十一日間菩提樹の下で瞑想(座禅)されました。二十一日目の早朝、明けの明星が天空に輝き始めたその刹那、ついに大悟されたのです。この方こそシャカムニ・ブッダです。つまり仏の教え、釈迦なのです。

 仏の教え、釈迦の悟りの教えの内容は、どうすれば、楽しく幸せに暮らせるか、その方法を教えている非常にわかりやすいものなのです。
それに仏教は、天地創造の神とかがいて、私たちに一方的な教えを乗れ給うなどというものではなく、実際に一人の人間が修行して到達した悟りを教えの根本としています。つまり、私たちでも幸せになれることを教えているのです。そこがまた大きな魅力でもあるのです。

 人は誰でも仏の教えを受けて幸せになりたいと思います。人がどうであれ、自分だけは幸せになりたいと思っています。不幸というのはいつまでもきて欲しくはないものです。そのような虫のいい話が、できるのかといいますと、その生きるコツ、方法があるのです。それは釈迦、仏さまの教えが言っていますので間違いありません。幸せに生きるコツを必ず知ることができますからお教えを聞いて「ツキのある人生を幸せに生きる」ことをぜひ実行してください。

スピリチュアルカウンセリングに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :info@naritasan.co.jp

  

このページ仏に学ぶ 仏の教えのTOPに戻る