成田山のスピリチュアルカウンセリング

四つの真理

スピリチュアルカウンセリング   サイトマップ

四つの真理

仏教苦しみ 四つの真理

 仏教釈迦の教えは「四諦八正道」という言葉で表されます。四諦の「諦」の字は、「あきらめ」とも読み、今日では「断念する」の意になりますが、本来は「物事を明らかにする」という意味でした。ですからここで四諦というのは「四つの真理」という意味になり、その四つの真理(四諦)は、苦諦・集諦・滅諦・道諦の四つの総称なのです。

 仏教 第一に苦諦、この世は全て苦しみであるという真理です。
私たちは時折、四苦八苦するという言葉を使いますが、この言葉の意味(苦しみ)は仏教から出た言葉なのです。

 仏教での人の世の「苦」とは

  1. 生苦:生まれることは苦しみ。
  2. 老苦:年老いていくことは苦しみ。
  3. 病苦:病気になることは苦しみ。
  4. 死苦:死に逝くことは苦しみ。

 これら生老病死を仏教では四苦といい更に四つの苦しみが加わって八苦といいます。

  1. 愛別離苦:愛している人と別れなければいけない事は苦しみである。 生死の別を問わず、親や子、妻や夫、恋人、友人、恩師や愛弟子、そんな親しい人々と離れ離れになることは大変苦しいこと・・・。
  2. 怨憎会苦:恨む憎む者と出会うことは苦しみである。スピリチュアルカウンセリングの皆様,私なんか、仏教の坊主のクセになかなか悟れなくて、やっぱり『嫌な奴』ってのはいるわけで。そんな人とは口もききたくない。しかしそれでも、会って話をしなくちゃいけない苦しみの時もある。これはつらいですよ。
  3. 求不得求:欲しいものが手に入らない事は苦しみである−お金が欲しい、家が欲しい、名誉が、権力が・・・人というのは様々な物を欲しがりますが、なかなかどうして求めても得られないことの方が多いもの。これもまた苦しみになります。
  4. 五陰盛苦:我々の精神と肉体の活動はそそまま苦しみである−五陰は五うんともいい、色受想行識の五つの集まりを指します。難しくなるので詳しくは述べませんが、仏教で色はからだの働き、受想行識は心の働きをを表わしていると思っていただければよいでしょう。私たちの心と身体は、外界の様々な刺激から、寒い・痛い・悲しい・腹立たしい・・・苦しみと感じるわけで、つまりこの心身がそのまま苦しみを起こす土台となるのです。

 このように、この世は苦しみに満ちています。
では、これらの苦しみは、一体どのような原因から発生するのでしょう。

 仏教 第二の集諦とは、この疑問に対する解答、苦の原因という真理です。私たちの心には、「煩悩」と呼ばれる様々な欲があり(仏教では百八煩悩というぐらい、沢山あるといいます)、苦しみはこの煩悩によって起こされるのです。
ところが、この煩悩の根元には、とどまるところを知らぬ欲望が存在し、またこの欲望は、生に対する激しい執着から生じるといわれています。
さらに、そういう執着が起きるのは、私たちが根本的に愚か(無明)であるからなのです。そして。この無明こそ、仏教では一切の苦しみの根本原因であると、仏教の釈迦は達観されたのです。

 これで苦しみが起こる原因がはっきりしてきました。
そうすると、苦しみから逃れるためには、この我々の無明という状態を何とかして無くしてしまえばよい、という事になります。
無明とは仏教の中では根本的愚かさ(無痴ともいう)の事で、また明は智慧を意味しますから、無明は智慧が無い、という意味になります。すると智慧を身に着けることが出来れば、無明は滅するわけです。そして無明が滅しているならば執着や欲望・苦しみも起こらなくなりますし。欲望がなければ煩悩も生じなくなり、苦しみから脱することになるのです。
この無明が滅し尽くされた状態を涅槃(仏教 梵語ニルヴァーナの音写、吹き消された状態の意)といいます。そして、この涅槃、つまり、無明の消滅を説かれたのが第三の滅諦です。

 無明を滅すれば、苦しみから逃れることが出来ると云うものの、果たしてそんなことが本当に出来るのでしょうか。
出来る!と釈迦はおっしゃいました。

スピリチュアルカウンセリングに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :info@naritasan.co.jp

  

このページ四つの真理のTOPに戻る